英才教育レギンス
*
ホーム > 美容 > 意外と頼りになるプチプラコスメ

意外と頼りになるプチプラコスメ

会社員をしていた若気のいたり、見た目も鮮やかな外資系のコスメをバンバン買っては雑誌に載っているようなメイクを試してばかりでした。

 

髪型もメイクもSHIHOちゃんの真似をしていたような。いま考えると失笑モノです。あれから月日は流れ、世間で流行っているものもさほど気にならない今日このごろは、プチプラコスメばかりになりました。

 

ファンデーションは肌のことを考えて無添加のものを使っていますが、あとはドラッグストアかダイソーで買えるものばかりです。ダイソーはアイブロウ、チークなど意外に発色も持ちも良く、お気に入りです。

 

リップはキャンメイクのグロスをよく使っています。くちびるに合わせて色が変化するという、話題のもの。ちょっとした実験的な楽しさもあり、面白い商品ですね。マスカラは天まで届けマスカラのロングタイプですが、これは外資系マスカラに引けをとらないんじゃないかと思います。

ただし、自まつげのお手入れにはプチプラではなくケアプロストを愛用しています。

 

まつ毛がクッキリ見えて持ちも良く、これで1000円代とは驚きます。これからもプチプラコスメに頼りっきりになりそうな40代でした。


関連記事

意外と頼りになるプチプラコスメ
会社員をしていた若気のいたり、見た目も鮮やかな外資系のコスメをバンバン買っては雑...
マッサージ暴動の裏にある鬱屈と絶望について
人によりマッサージ方法は広範に及ぶと思いますが、本当にバストアップをやり遂げた女...